フリーランス

会社員からフリーランスへ挑戦!どんな準備が必要?フリーランス開業に本当に必要な事まとめ

こんにちは!しもです。

2017年にフリーランスとして活動をはじめました。当時はとにかく会社員からフリーランスになって仕事したいと思っていて

しも
しも
よーし!フリーランスで頑張るぞ!!

と意気込んだはいったものの…

しも
しも
実際何か準備しなきゃいけないの?今まで会社が払っていた税金や保険はどうしたらいいの?

わからないことだらけで、楽しみな反面、モヤモヤした気持ちを抱えていました。

特に会社でやってもらっていた社会保険や税金関係はさっぱり、、うっかりやらなきゃいけない準備をし忘れてたり、のちのち後悔した経験があるので

今日は『フリーランス開業に本当に必要な事をまとめていきたいと思います!

こんな人におすすめ!

  • 会社員からフリーランスになりたい人
  • フリーランスに興味がある、事前にリサーチしておきたい
  • フリーランス準備を再確認したい

フリーランスとゆう働き方

そもそもフリーランスとはどういった人を指すの?

フリーランスとは、会社に所属せず、仕事に応じて報酬を得る人たちのことです。まさに実力至上主義。

よく耳にするのは、エンジニア・デザイナー・ライター。個人でも案件がとりやすく案件数も豊富。パソコン1台あれば場所と問わず仕事ができることが特徴と言えます。

最近では大手企業でも週のうち何日かリモート(在宅)で労働ができたり、必ずしも会社に行かなくても働くことができる動きが広がっていますね!

自分の実力で勝負したい、時間場所に縛られず働きたい、会社まで通えない環境にある方(子育て中のママパパさん)などなど。様々な自分のワークスタイルやライフスタイルを実現したい方はフリーランスとゆう働き方を試してみて見るといいですね。

ライフスタイル・ワークスタイル実現としてフリーランスってゆう働き方があるんだね!

フリーランス準備『資金・生活』編

フリーランスになると社会的信用が会社から個人になります。そうなると今まで会社の信用で簡単にできていたことも色々と難しくなってくるシーンも出てきます、、!

よく言われるのが

『賃貸を借りるのが難しい』って聞いたことありませんか?

これは今まで会社とゆう信用があったために簡単に借りられていたものが、個人となるため審査などが厳しくなるんです。

事前に知識をつけて、独立開業前に準備できることは会社員のうちに済ませておきましょう!

1 クレジットカードを作成しておく

フリーランスは会社員のような安定した職業と比べクレジットカード会社の審査に通りにくいです。

悲しい現実、、だ

月のお給料が必ず定期的に入ってくるわけではないですし、設備投資や経費も変動があるので、金融取引や所在確認など入念に行い、その結果審査に落ちるパターンが多いです。

生活の中で何かと使うクレジットカード。

なので、クレジットカードの申請は、会社員のうちに済ませておきましょう!

2 半年程の生活費・税金・社会保険費を確保しておく

会社員と違い税金や健康保険・年金の支払いが全て自身でやらなくてはなりません。

これが厄介!

今まで会社が負担してくれていた分も自分負担になるので(会社員は健康保険料と厚生年金保険料が会社半分負担)ある程度まとまった金額が必要です。

また、独立してすぐにまとまった金額を売り上げるのもなかなか難しいのでフリーランスになるまでに貯金しておきましょう!

気持ちにも余裕ができるので、落ち着いてフリーランス活動に専念できます。

3 賃貸契約をしておく(転居予定があれば)

これはよく聞く話かもしれません。

フリーランスは会社員と違い収入が不安定とゆう理由で審査が通りにくいことがあります。

収入が多い月もあれば反対にすごく少ない月もフリーランスにはあるので、支払い能力を証明する必要があります。

賃貸を貸す側としては月の収入が安定しない=支払い遅れの可能性をみられてしまうので、転居で賃貸を変える予定のある方は会社員のうちに賃貸契約を結んでおくのが無難ですね!

フリーランス準備『営業・仕事』編

仕事面では、事前に営業ツールを確保したり、収入のパイプを複数用意しておくことをおすすめします。

収入のパイプ?

収入のパイプ=収入を得るための仕事先

ですね!

独立してから仕事先を探したり、営業ツールのポートフォリを作り始めると時間がかかってしまい、無収入期間が増えてしまうので危険です!

私のことか、、無収入期間辛かったなあ!泣

仕事面でも事前に準備を進めておきましょう!

1 仕事をくれる人脈を作る、事前に数件の仕事を獲得しておく

会社員の時はありがたいことに会社に行けば仕事がある環境でした。

ですがフリーランスでは、自分で仕事をとってくる必要があります。実際に営業をかけてからお仕事受注、入金するまでにある程度時間がかかります、、長期戦!

1営業 → 2見積もりの提案 → 3受注 → 4納品 → 5入金

職種や会社にもよりますが取引によっては、納品から翌々月の支払いなんてこともあります。むしろ取引金額が大きいと、翌々月振り込みの方が多いです!

翌々月!結構長い道のり、、

となると事前に人脈や案件を確保して、円滑に納品まで進めることを意識しましょう。会社員時代から仕事をくれるお客さんや取引の会社を探しておくとスムーズです。

今すぐできる!フリーランスの仕事を獲得する【メール営業術】こんにちは!しもです。 ウェブデザイナーのフリーランス歴2年目。 「安定した収入を取るための」メール営業の話をします。 ...

『そんな人脈すぐに作れないよ!』とゆう方は、案件を紹介してくれるサービスもあるのでチェックしてみてください!登録してどんな感じの仕事があるのかリサーチしてみてもいいですよ!

お仕事紹介サービス

私も実際に登録しているサービスもあります!登録は無料です。
Midworks
案件数が多いです(デザイナーエンジニア中心)
Workship
フルリモート在宅の案件もあり!(デザイナーエンジニア中心)
RemoteStyle
リモートワーク在宅のお仕事がメイン
レバテック
クリエイター全般・単価高め

余談ですが、私がフリーランスを始めた時は『コネなし!・金なし!・収入なし!』のトリプルコンボ受けました。

地獄すぎる、、しっかりして、、

フリーランスは準備が非常に大切なんです(経験談)、、!仕事獲得から入金まで計画的に進めよう。

 

2 SNSを整備!情報発信から仕事を取る

SNSはフリーランスにとって自分を知ってもらうきっかけになるツールです。

発信がきっかけでお仕事の相談をもらったり、自分が何をしてる人なのか知ってもらう窓口になるので、運用してみるといいですよ。

SNSの種類

  • Twitter
  • Instgram
  • Facebook
  • 個人ブログ
  • YouTube

それぞれ相性や特徴があります。SNS同士で連携することによって拡散力も上がるので自分に合ったものを複数使ってみるのはいかがでしょうか?

 

  • Twitter→リアルタイムの発信・拡散力=全く知らない人にPRできる(仲間を増やせる)
  • Instgram→写真を使って世界観を伝えられる=ファンを増やす
  • 個人ブログ→自分の活動や考えを深く発信できる=コアなファンを増やす

 

実際に個人ブログとTwitterを連携している私がメリットとして感じるのは、こんな感じです。

  • お仕事のお問い合わせをいただけた
  • 企業とお仕事するきっかけになった
  • フリーランスの情報共有ができる
  • 仲間が増える
  • 最新の情報をゲットできて新しいツールや技術を追っていける
SNSから仕事に繋がるなんて可能性を感じるね、、!

3 仕事道具を揃える PCや事務用品

職種によって違いますが、仕事道具は何年使えるか先を見据えてしっかりと揃えておきましょう。

・パソコン

・プリンター

・デザインソフト(adobe)

・タブレット

・事務用品  などなど….

また、フリーランスでは仕事用道具は消耗品としてのちのち経費計上が可能です。領収書は忘れずに保管しておいてください。

余談ですが、パソコンのスペックは高くても自分の仕事に見合ったものをおすすめします。

昔、パソコンのスペックをケチって、のちのち効率が悪くなって結局買い換えました、、

4 自社サイトやポートフォリオを作っておく(営業ツール)

ポートフォリオや自社サイトはいわば営業ツールです。

企業でゆうと、営業の人がクライアント先に『うちの商品はですね、、』といって会社案内や資料を渡したり、プレゼンしたりしますよね?

その資料やプレゼンと同じで自分のサービスやこんなものが作れるといったPRをポートフォリオや自社サイトで行います。

でも忙しくてあまり時間取れないんだよね、、

そんな人には、ウェブ上で簡単にポートフォリオが作れるサービスがあるので、一度覗いてみてください。

▼ポートフォリオ 簡単制作サービス
RESUME

5 仕事用メールアドレス できれば独自ドメイン

普段使っているアドレスと、仕事用アドレスは別にしておきましょう。

クライアントからのメールはフォルダ分けをして、来たらすぐ確認+返信できるように意識することで好印象を持ってもらえます。

また余裕がある人は、月額ドメインやサーバー費用がかかってしまいますが独自ドメインのアドレスを持っておくことをおすすめします。

独自ドメインとは

▼独自ドメイン
shimoslog@shimoaimii.com
▼フリーアドレス(Gmail)
shimoslog@gmail.com


【ポイント】独自ドメインでは@以下が自分のドメインになります。また、@以前も自分の好きなもので設定可能です。

お客さんの中には、Gmailなどのフリーメールアドレスを仕事で使っている人に対して『ITリテラシーが低いんではないか?』『情報セキュリティ面で不安』といった印象を感じる方もいらっしゃいます。

6 フリーランス仲間を集めておく

フリーランスとは孤独です。

感じ方は人それぞれですが、一人で仕事をしていると考えや情報が偏ったりもします。

特に仕事がうまくいっていないとき一人で抱え込むのは非常に危険。

トラブルの対処法や仕事の進め方や金額など相談できるフリーランス仲間を作っておくと、自分の知識でカバーできなかった問題もアドバイスや助言をもらいながらスムーズに対応できたり、逆にアドバイスしてWInーWinな関係を築けます。

会社員でゆう良き相談相手の同僚や先輩といったような感じです。

また、フリーランス仲間の人脈も増えることでイベントや仕事の紹介なんてゆう展開もあります。

仲間を作ることで、楽になったり、新しい人脈につながったよ!

フリーランス準備『手続き』編

ここまで準備をコツコツと進めて来たあなた、いよいよ手続編です。

書類を提出し忘れてり、申告を忘れてしまうことで損することがないように、気を引き締めていきましょう!!

1 開業届け提出

開業届とは、開業したことを税務署へ知らせる書類のことです。

フリーランスになる人は開業届けを出します。

なぜ必要なの?

開業届けを提出するとできるようになることがいくつかあるからです。開業届けを出さないと下記の申告ができなくなるので注意が必要です、、!

  • 青色申告ができる
  • 屋号で銀行口座が開設ができる

提出方法はいくつかあります。

  1. 税務署に直接提出する
  2. 開業Freeeソフトを使用して提出する

②では直接税務署に行かなくても、簡単な質問に答えるだけで必要な届出が完成するので、非常に便利ですね。

2 『青色申告承認申請書』の提出

フリーランスで所得がある人は確定申告を行うことになります。(所得税を支払う)

確定申告には2種類あります。

  1. 青色申告
  2. 白色申告

この二つの違いは受けられる控除額です。

『青色申告』は青色申告特別控除といって最大65万円の控除が受けられるのです。控除額が増えると支払う所得税額も変わってくるので、特別なことがない限り『青色申告』を選ぶことをおすすめします

節税対策になるってことか!『青色申告』を受けるにはどうしたらいいの?

1で説明した開業届けを提出しておく必要があります。原則として開業日から2ヵ月以内に開業届けと一緒に青色申告承認申請書を税務署へ提出しなくてはなりません。

さらに提出期限があり、青色申告したい年の3月15日までに申請が必要となります。期限に間に合わないとその年は自動的に白色申告となってしまうので注意が必要です。

間に合わなければ青色申告は翌年からの適用となります。

青色申告の手順まとめ!!
開業日から2ヵ月以内に開業届け・青色申告承認申請書を税務署へ提出
【※提出期限あり※】青色申告書による申告をしようとする年の3月15日までに提出

参考:国税局
所得税の青色申告承認申請手続

開業1年目、提出期限が間に合わなくてかなり損しました。要注意!

3 社会保険切替の手続き

会社員のときは会社で健康保険と厚生年金に加入していたと思いますが、

フリーランスになると、国民健康保険と国民年金に加入し直すことになります。手続は市区町村役場まで。退職した翌日以降、早めに手続を行いましょう。

日本では国民皆保険制度をとっており、必ず国が指定しているいずれかの保険に加入が義務付けられています。

参考:厚生労働省
医療保険について

社会保険切替まとめ!!
会社退職の翌日以降14日以内に、市区町村役場にて健康保険・国民年金の切替の手続を行う。

4 仕事用の口座開設

口座は仕事用の口座とプライベート用口座を分けておきましょう。

口座を分けることで、月の売り上げが把握しやすく黒字なのか赤字になるのかお金の流れもごっちゃにならず財務の計画も立てやすいです。

できたら屋号付きの口座開設も検討しましょう!

屋号付きの口座開設??

簡単にゆうと自分がサービスを展開している『会社名』です。

私の場合『いいデザイン』とゆう名前を立てています。あくまで屋号なので必須ではないです。

屋号付きの口座のメリットとしては

  1. お金を振り込んでもらうときに個人名よりも明確
  2. 本名が伏せられる
  3. 個人名よりもビジネス上の信頼度が上がる

ここで注意なのが、ここで使用できる『屋号』は開業届けで申請したものしか使えません。

口座開設まとめ!!
仕事用とプライベート用で口座を分けよう!屋号をつけた口座がベスト!
【※注意※】ここで使用できる『屋号』は開業届けで申請したものしか使えません。

最後に

やるべきことまとめてみましたが、意外とボリュームがありました。

今まで会社がやっていてくれたことを、自分でやらなきゃいけないのでお金の面・仕事面・手続にと最初はバタバタすると思います。

ここで準備をおろそかにすると後々、見直したり、再提出したりと手間がかかってしまうので余裕を持って行動したいものですね!

フリーランスのいいスタートが切れるようにこの記事が役に立てば嬉しいです。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)